FC2ブログ

嫁入り報告

CIMG6232.jpg
春商い2017では、珍しく多数の作品が手元から旅立ちました。 お迎え先の皆さま、彼らをよろしくお願いします。
彼女もそのひとり。
現代風の少女で緊縛、局部出しは自分の作風ではかなり異色でした。
手のひらよりも小さい絵なので、ひっそりコレクションするには最適かも。
この他にも活動初期に描いた「緊縛 流し目」、緊縛絵の小箪笥といった、展示常連の作品もとうとう嫁入り。
しかも、女性の方がお迎えしてくださりました。

今度、お迎えなければ手元に置き続けようと思う作品も稀にあります。
そうやって、自分と共に生きる作品もあるけどやはり気に入ってくださる方の元に行くのが一番です。
どんなに遠くに離れても。
そんな訳で結構、小さい絵は海外に渡った率が高い…
皆、大切にしてもらっているのだろう。

個展 春商い2017 3/30~4/17

春商い2017フライヤーsample01
春商い2017フライヤーsample02

会期 3月30日(木)~4月17日(月)
会場 カフェ百日紅~hyakujitukou~
〒173-0004 東京都板橋区板橋1-8-7
小森ビル101
営業時間 15:00~23:00 定休日 火・水
※喫茶店での展示です。1ドリンクオーダー願います。

2011~現在までの作品 殆どはその場でお迎え可能です。(他の受け取り方法はご相談ください)
前期と後期で一部展示替えを行います。

「ライブペインティング&撮影会」イベント
4月8日(土)15:00~ 約2時間
料金 1,500円(1ドリンク・おまけ込)
男性モデルへのライブペインティング、撮影・使用フリーの撮影会
詳細は、絵葉書屋長崎堂のTwitter、FBをご覧ください。
Twitter @nagasakido
FB Ehagakiya Nagasakido
HP http://nagasakido.web.fc2.com/

封筒絵

20170109b01web.jpg

現在、ブラジルに輸送中。海外は20か国以上送っていますがブラジルは初めてです。
郵便事情 多分 そんなに良くはないと思うけど、無事に到着することを祈るばかりです。

このシリーズで3点描いてます。「償い」「代償」「耽る」
「代償」はお迎えがあったのでオリジナルを展示でお見せすることはできませんが、次の新作グッズ栞3点セットに使用しますので、よろしくお願いします。

2017年もよろしくお願いいたします。

秋葉原のSUNSHOPさん
少し入れ替えしてきました。
CIMG6765.jpg

写真カード2種類(オリジナルは樹の紙に描いた絵葉書)各150円追加してます。

クリアファイル 350円
メッセージカード4種セット 300円
栞5点セット 新旧2パターンあるのはSUNSHOPさんだけ! 850円
豆額 各1,400円
大判絵はがき 200円
直筆絵葉書(額込み) 8,000円
檜板の緊縛絵 18,000円
※すべて税抜き価格です。

CIMG6763.jpg
活動開始初期の頃に描いた 緊縛絵の直筆絵葉書シリーズの1点。実際にポストに投函して消印が押されたものです。(つまり郵便物として 差出~配達員が配達する経路を通ってきたものです)

CIMG6675.jpg
緊縛手ぬぐい(1,500円)あと1本あります!もう私の手元にも都内の他の店舗さんにもないので貴重です!

ショーケースの中ですので店員さんに声を掛けてください。価格が不明なものもお手数ですが店員さんにお尋ねください。
map.jpg


さらに!もひとつ嫁入り報告 

普段は、そんなに直筆作品がポンポンと嫁ぐことはないのですが、ここひと月は連続しました。
こちらの2点も以前、ヤフオク出品後落札者がいなかったのでEtsyに出品。無事嫁ぎました。同じ方のところです。

捕らわれ

16062602web.jpg

北欧です。今頃は雪深いのかな?そういう方の元に嫁ぎました。
国内でなかなかお迎え先が見つからないことが多いので本当に海外でもお迎えしてくださる方がいると励みになるし嬉しいです。

これ2点で15,000円以下です。人によっては安いと言うかもしれませんが、高くするとさらにお迎え先が・・・。

展示会場や委託先のお店でのお迎えも大歓迎です。ただし、どうしても出展代やマージンをお支払いする関係上、自分がオンラインショップに出す価格よりは高めになります。

上乗せしない価格でどうにかできないかと久々にヤフオクを復活させましたが、あまり効果がなくこちらは再び休止してます。

来年3/30~4/17 春商い(個展)開催予定です。こちらはカフェでの開催ですが、マージンも少なく出展料は発生しないので過去作品をメインに多数販売します。お飲み物代が必須ですが、是非、直接ご覧になって気に入った作品を見つけていただければと思います。
なお、来年予定している個展は上記のもののみで、再来年以降は東京都内での展示活動はぐっと減る予定です。
そういうわけで、春商いではなるべく旧作を嫁がせてあげたいので、よろしくお願いいたします。
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR